ガストの「フレッシュアボカドのタコライス」を食べた感想

暑い夏の日は、クーラーの効いた部屋でゆっくりDVDを。

アボカドの期間限定メニュー「フレッシュアボカドのタコライス」

2015年春。テレビを見ていたら、ドレミファソラシドの音階に習って「アボアボカドカド♪」とキレイなお姉さんが口ずさむテレビCMが流れていました。

これはズバリ、ガストの「フレッシュアボカドフェア」のCMです。アボカドをたっぷり使ったフレッシュアボカドハンバーグ、まぐろとアボカドのサラダごはん温玉添え、フレッシュアボカドのタコライス、フレッシュアボカドハンバーグ&海老フライの4つの期間限定新メニューが発売されていました。

こんなCMが頻繁に流されてしまっては、お店に行かないわけにはいきません。

日本に出回っているアボカドは国産のものは少なく、メキシコ産のものが多いそうですが、今回のアボカドフェアではメキシコから直送されたものが使われているそうです。

今回は4つの期間限定メニューの中から「フレッシュアボカドのタコライス」を注文しました。値段は税込862円で、カロリー数は1055kcalです。

フレッシュアボカドのタコライス

タコスライスはもともと沖縄料理の1つで、メキシコを代表する料理「タコス」の具材(挽肉やトマト、レタスなど)を、ご飯の上の乗っけたものです。

ガストのタコライスはこれにアボカドが加わって、より一層メキシコ色が強まったお料理だと言えますね。

スプーンで卵をかき混ぜ、早速一口頂いてみましたが、甘辛く味付けされた挽肉とアボカド、レタス、トマト、そして卵の旨味がミックスされて、不思議と優しい感じの美味しさがありましたね。

アボカドが1/2個も使われている分、全体的にマイルドな味わいになっています。程よい酸味もあり、食べやすいのでスプーンもどんどん進んでいきましたね。

私もアボカドは大好きな食材の1つなので、フェアが開催されている間に「アボカドハンバーグ」も食べてみようと思います。

 

ランチランキング

スポンサードリンク